Print Shortlink

人間関係の悩みで転職する

看護系の大学や専門学校などに通う中で実習の経験を積んでいることから、多くの学生は実際に就職したらどういった仕事をしていくことになるかということはイメージできています。実習を通して医療関係がよいか介護関係がよいかといったことを考えて、自分の適性と照らしあわせて職場を選ぶことになるため、多くの看護師は仕事内容についてあまり不満を持つことはありません。

しかし、実際に仕事に就いてしばらくすると、辞めたいと思うこともそれほど稀なことではありません。特に多いのは職場の人間関係によるものであり、それが主な原因となって仕事がきついといったネガティブな面がどんどん浮き彫りにされて嫌になってしまうのです。日本においてはそういったときに働き続けることが美学とされてきましたが、今では精神的な負担を考えて退職し、転職をするようになってきています。その転職先として同じような仕事に就くのが憚られてしまうことが多いのが常です。同じ様な職場の人間関係でのトラブルが発生してしまうと考えてしまうからであり、職種を切り替えて働くようになるということが多くなっています。そういった際に看護師であるということは役立つものであり、多くの仕事先から選んでいくことができます。医療業界から介護業界へ、介護業界から医療業界へというのが典型的な転職ですが、この他にも医療関係のメーカーや一般企業、官公庁に転職するという道も開かれており、自分が安心して転職できる先を選べるのです。

Leave a Reply