Print Shortlink

看護師の資格は転職に有利

看護師の仕事は、その基本としてサポートすべき相手に対して献身的にならなければならないという点があります。医療でも介護でも基本的にはサービス業であり、その最前線で患者や高齢者の相手をするのが看護師の役割です。それがわかっているつもりで仕事に就いたものの、実際に多様な人を相手にサービスを行っていくと心労が溜まってしまって辞めたいと思う人も現れてきます。一昔前には医療関係者は様つきで呼ばれる雲の上の存在という印象が強かったものの、だんだんとその傾向も薄れてむしろ医療業界においてはモンスターペイシェントと患者が呼ばれることもあるほどに患者側の力が強くなってきてしまいました。そういった影響もサービス業としての側面のつらさを増大させてしまい、仕事を辞めたいと思う人を増やすことにつながってしまっています。

仕事の本質的な部分にあたる献身的なサービスをつらく思ってしまっている以上は仕事を続けるのは困難であり、辞めてしまって転職をすることになるのが通常です。そういった場合にも、資格を有しているというのは有利に働きます。病院や介護施設では同じようなサービス提供をしていかなければならない可能性が高いですが、企業保健士となったり保育園で働いたり、官公庁に勤めたりと大きく変わった立場で仕事をしていくこともできるのです。辞めたいと思って転職先を探す場合にも看護師資格があるということは便利であり、よりやりたい仕事を見つけられるでしょう。

Leave a Reply